パートナーの行動パターンが分かったら、あとは探偵に任せよう

パートナーの浮気の兆候があったら、
本当に浮気をしているのか調べるのが一般的です。

 

浮気調査は自分でも行えますが、
プロに任せた方がいい部分もあると言われています。

 

それらはどのように線引きをされているかというと、
パートナーの行動パターンを把握するところまでは自分でやり、
それより先はプロの探偵に任せる、という形のようです。

 

なぜこのようになっているかというと、
パートナーの行動パターンを把握するのには、
普段一緒に生活をしている人がやるのが確実で、
正確に行えるからです。

 

それ以降の調査は専門的な技術を持ったプロが行うほうが
成功率が高いからであると言われています。

 

実際に浮気をしているかを調査する場合には、
パートナーを尾行したり、GPSを用いたりして行動を把握し、
浮気の現場を特定して証拠になる写真を撮影する形になりますが、
これらは経験のない素人が行うと、満足に尾行することができなかったり、
写真を撮影するときにピントがずれたり相手に気づかれてしまったりと、
失敗する事が多いためです。

 

そのため、行動パターン把握までは自分で行い、
それより先は探偵に任せるのが良いと言われています。